2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マイケル・ジャクソン裁判 

あのぶ厚い本を やっと読み終わった。

私は、最後で号泣した。






この著者、以前は、他のメディアと同じくテレビでマイケルを叩いていた人間ですが、
それに疑問を感じ、しまいには膨大な調査&苦労をし、マイケル本を書いた女性ジャーナリスト/作家。

文面から、マイケルに好意的な感じが出てます。極端な人・・。
それが私は非常に気になって、読みづらいと感じることも。。
マイケルファン以外にも読んで欲しいと言うなら、もう少し中立な感じで書いたほうが
より説得力あったかも。
その点は気になりますが、この本を出してくれて本当に感謝してます。


裁判に関して、かなり詳しく書かれていて、それだけでも価値は大なんですが、
証人の発言から、マイケルの"生活"が見えてくる。
とにかくびっくりする事たくさん出てきました。
(普通に女性に興味あるんじゃんかーマイケル!)


ここで、私の本音を言わせてもらうと。

本を読んでて、ギャビン一家は、金目当てで虚偽の証言をしてるのは明確に分かる。

でも マイケル本人への疑いは 未だに多くの人が持ったままです。

ギャビンが初めての裁判じゃないし
裁判で完全無罪となっても、お金があるんだからそこんとこはどうにでもなるだろ。
                                      と思ってる人、多いです。

以前、それを言われた私は、何も言い返せなかった。


私はマイケルの大ファンで、尊敬しているし、
子供を傷つける位なら自分の手を切ると言ったマイケルを自分なりに理解してた。

"子供"時代がなく、人一倍の孤独を常に感じてきて、
大人になってから、"子供"時代を取り戻そうとしているのもわかってる、
子供からインスピレーションをもらい、本当に大切に思い、たくさんの子を救ってきた、
子供の顔に神を見るというのもわかってる・・・だけど、


なぜ世界ツアーにまで、少年やその家族まで連れて行くのか?
その時の、常におそろいの格好をした少年がいつも横にいる写真を見ると、
                                  私は落胆してしまうのです。



虐待とか絶対できないし、マイケル。
でも、純粋に愛していたかもしれない?


という風に、ひっかかるものがあったので・・

             だから何も言い返せなかった。



だけど、この本で あるマイケルの“言葉”を読んだ時、心に引っかかっていたものが 
瞬時に解けました。これで点と点がつながったような。

かなり泣いた。


といいつつ、この記事書いてたら、また号泣してしまってます。


本当に 心につき刺さる。



このマイケルの“言葉”こそが、この本の最重要な部分であり、
                      著者が、皆に一番伝えたかった事だと思う。




マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)
(2009/05/02)
アフロダイテ・ジョーンズ

商品詳細を見る



その部分の原文をどうしても読みたいので、英語の本をさっき注文した。

Michael Jackson ConspiracyMichael Jackson Conspiracy
(2007/06)
Aphrodite Jones

商品詳細を見る



こんな立派な弁護士、すばらしいです。
トーマス・A・メゼロウ・ジュニア弁護士
040430mesereau.jpg

この本の著者・アフロダイテ・ジョーンズ




.10 2009 MICHAEL JACKSON comment9 trackback0

comment

m子
ついに出ましたね。
私は昨日から読み始めました。

いつもならすごく早く本を読んでしまうのですが、この本ばかりはじっくり読み込むつもりです。

この件に関して、(過去の1件もですが)、英語がわからない私はネットで日本語で書かれている記事を集め整理し理解するのみでした。

非MJファンにこの手の事件について説明するのはあたかも散らばったパズルを広い集め、たとえ埋まってないピースがあっても完成図を予想して説明するみたいな感がありました。

まだ、最後まで読んではないのですが、日本でもまだまだ誤解をしている人が多いし、偏見のないようにとただただ願います。

私も少年たちを引き連れてのワールドツァーなんて、当時を振り返っても異様に見えました。

何かがおかしいと思わせるような彼の行動がこんな大きなワナに陥り、汚名を着せられ、彼に対する評価が一気に違ったものになり、その後の音楽活動にも支障が出てしまったのは本当に残念なことです。

誤解のないように書きますが、マイケルの行動がこのような事件を引き起こしたという事ではありません。

マイケルの悲しみや痛みを自分のものとして感じてしまうぐらいのめり込んでいる私ははたして冷静に読めるのだろうか、とも思っていましたが、この記事を見てほっとしました。

幸せでいてほしいです。
2009.05.11 15:35
イソジンbrother
レビューありがとうございます。
自分も買います。
裁判の件はあんまり知りませんし。
2009.05.12 02:03
もも
昨日不在が入ってました!今日やっと手元に届きます待ってる時間が長かったおうちゃくせずに書店に買いに行けば良かったちょっと読むのがドキドキです
2009.05.12 08:38
sariel
昨日読み終わりました。

裁判自体に関しては、メディアの情報操作などによって正確な情報入手手段が乏しかったため、どのような進行で、どのような様子で進んだのか全くわからなかったため、とても参考になる本でした。
cocomaiさんが指摘しているように、マイケル寄りすぎるきらいはありますが、
しかし、事実を正確に汲み取れる程度のものであり、批判するには値しない感じです。

個人的に、俺は、マイケルの行動に関して不思議と何も問題はないように感じてきたので、その点については、読み終えてからも変わりませんでした。
子供と寝るっていったって、子供同士は同じベッドで寝るでしょうし(マイケルは、感覚的に子供と同じ思考・感覚だと思う)、
大人と子供でも、たとえば、友達の家に遊びに行った時に、友達のお父さんと3人で寝る前に遊んで一緒に布団をともにするなんて普通な感じがしますし。
日本なんて、風呂を一緒に入ってもなんともありませんしね(笑)

生活感覚、生活習慣が「一般」とは全く違うマイケルが、「一般」の尺度で測られている、測ろうとすること自体が間違いでしょう。

マイケルと子供は、大人と子供ではなく、子供同士の感覚で遊んで楽しんでいた。
そう思えば、何一つおかしなことはないのに。
大人としてすべきこと(危険なことや未成年に相応しくない事などの管理)は、そこは、大人としてしっかりとわきまえてる人ですし、何を批判しているのか、当時からさっぱりわかりませんでした。
だって、そこらの小学生同士が四六時中仲良く遊んでいたって、誰も「少年愛好者だ」とか「性的関係があるんじゃないか」なんて思わないでしょ?

そう思うこと自体、馬鹿げていて、耳を疑うべきこと。

俺が思っていた、マイケルのスタンスが、様々な証人たちの発言でより確信へと近づきました。


この本の最大の見せ場は、ずばり、マイケルの私生活ですね。あと、冒頭のマイケルの寝室写真。
マイケルは、お酒飲まないと思ってたんですけどね。
あと、自分の子供には、砂糖を取らせないとかww


cocomaiさん>
最後のメモ、あれは、心に刺さりましたね。
マイケル自身の言葉がほとんどないあの本の最後にあの言葉がくると・・・
2009.05.12 16:08
Cocomai
海外では、本当に日常的にその類の犯罪が発生していて、日本とは 人々の意識が全く違います。
意識という点では、特にアメリカでは非常に敏感です。
貧困のひどい国では、6歳~10代の子供の売春宿まで存在し、ペドファイルと言われる人が
世界中に潜んでいます。
本で、バシールとの会話でも出てきた様に、あの事件は神父約5000人が子供に対し、約10000件の事件を起こしたといわれています。

その類の犯罪は、本当に根が深く、想像を絶するほどの世界的大問題です。


そういった中で、
マイケルの昔とっていた行動の一部は、人々から疑問視されることは、
                              避けられなかったと思います。



人々がマイケルの背景にあるものを知り、理解するのには やはり時間がかかります。

それ以上 理解する気がない人(+情報も乏しい)が多いので、
                      世間一般の認識がそこで止まっているんです。
2009.05.13 00:01
sariel
cocmaiさん>
アメリカって、ほんとに極端な社会ですよね。

また、アジアを含めた諸外国の様々な環境は、日本がいかに平和で豊かであるか感じさせてくれます。

でも、それは、決して正常なものではなく、そうであってはいけない環境です。
マイケルの言動は、人として、やはり、不思議なことではないとおもうんですよね。


理解してもらう、十分な情報を分析してもらう、そうゆうことは、他人に求めてはいけないことですが、しかし、マイケルは、世間に騒がれすぎてますからね~
買い物しただけで極東の国のニュースになるなんて(笑)
2009.05.13 21:59
Cocomai
確かにそうですね!!

自分が、周りに理解を求めたりしても、迷惑になってしまうので(以前その経験ありw)
マイケル自身に音楽活動で頑張ってもらいましょう♪
2009.05.13 22:22
せい
遅ればせながら本買おうと思ってます、もう少し英語わかれば英語版がほしいのですが、長文は無理なので・・・・

Cocomaiさんが言ってたマイケルの言葉、英語で教えてもらえないでしょうか?
 時間あるとき、いつでもいいのでお願いします!
                                 
2010.02.13 00:47
Cocomai
最後の言葉の原文を見たら満足してしまい、
さすがに英語本を全部読むのは無理だったので、
英語ができる人に譲ってしまったんです。
言葉は、本に手書きで書いてあった写真も載っていたような・・そんな気がします。

が、どういう原文だったか・・結構前なので忘れてしまいました。
教えてあげられなくてすみません。                                  
2010.02.15 14:42

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cocomai58.blog21.fc2.com/tb.php/399-64d478ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。